chikashitsu

地下室とシャンパン

2004年、「夜に似合う音楽」をコンセプトに始動。
パンク、ロックンロール、歌、にジャズをミックスした音楽を展開する。
幾多のメンバーチェンジから、ボーカル、サックス、トランペット、

トロンボーン、ベース、ピアノ、ドラムといった編成になる。
オーバ―グラウンド、アンダーグラウンドを問わず、

多くのミュージシャンのオープニングアクトを務め、自主企画を札幌で開始。

ドレスアップしたステージ、古い映画のワンシーンを思わせるライブで夜を彩る。