kazz

KAZZ

北海道室蘭出身。
アコースティックギター一本によるインストゥルメンタルをメインに、歌ありタイコあり民族楽器ありと、バラエティ豊かな内容で音を楽しむ”音楽”を奏でるミュージシャン。

20代をアメリカ、フランス、西アフリカで過ごす。
2年半滞在したニジェール共和国では、アフリカ人ドレッドロッカー達とニジェール初のレゲエバンドを結成。 西アフリカをライブツアーして廻り、現地のTV・ラジオにも多数出演。

帰国後、サイケデリック・ジャムバンド、“ミラクルサル”を結成、
台湾ツアーやイギリスツアーなど国内外で活動する。

海辺の小さな町に移り住んでからはアコースティックの音の素晴らしさに目覚める。
カメラマン、佐藤傳次郎と組んで、レジェンドサーファー ジェリーロペス主演&ナレーションのフィルム”MANA”では、サウンドトラックをライブで演奏するという新しいスタイルで、2006年ハワイ・カウアイ島で開催された「ルイ・ヴィトン・インターナショナルフィルムフェスティバル」で二日間オープニングに上映され、両日ともにスタンディングオベーションの大絶賛を受ける。

シンガーソングライターのKEISONと代ニット”SIDE SLIDE”を結成、ハワイ、カウアイ島でレコーディングし、久保田麻琴がサウンドミックスを手がけたアルバム”Mahalo Ke Akua”を発表。